【北鎌倉のおすすめ紅葉名所】開始時期は?「明月院」がうっすら色付いて来ました

【北鎌倉のおすすめ紅葉名所】開始時期は?「明月院」がうっすら色付いて来ました
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip

秋の紅葉シーズン到来です。鎌倉の紅葉はいつが見頃?ベストシーズンとされるのは12月上旬ですが、11月中旬に訪れた北鎌倉「明月院」でうっすら色付いた紅葉を楽しめました。

11月中旬~下旬の北鎌倉の紅葉の具合は?

紅葉を見に北鎌倉へ向かいます。例年通りだと赤や黄色に完全に色づく紅葉は、12月に入ってからだとか。ちょっと早いけど11月19日(土)に北鎌倉「明月院」に紅葉を見に行ってきました。

静かな北鎌倉の通り
静かな北鎌倉の通り

静かな北鎌倉の道を歩いていきます。

小川のせせらぎ
小川のせせらぎ

小川のチョロチョロ流れる音を楽しみながら、あたりの木々を見渡すと、

あたりの木々は紅葉はまだ
あたりの木々は紅葉はまだ
上のほうがちょこっと色付いている程度
上のほうがちょこっと色付いている程度

上のほうがほんのちょっと色が変わっているだけで、紅葉の最盛期はまだ先のようです。ちょっと早過ぎたかなあ。

明月院は紅葉が始まっているかも?

今日の目当ては紅葉の名所でもある「明月院」です。明月院は本来6月のアジサイで有名ですが、実は隠れた紅葉の名所でもあります。

山々に囲まれた明月院は実は紅葉の名所
山々に囲まれた明月院は実は紅葉の名所
木々に囲まれた明月院の案内図
木々に囲まれた明月院の案内図

地図や案内図を見るとよくわかりますが、明月院は回りを山の木々に囲まれているため、境内から見渡す一面に紅葉を見られます。鎌倉イチの紅葉という人もいるぐらいです。

でも11月はちょっと早いかなー、と心配しつつ「明月院」に着くと、

明月院の入口はうっすら赤色に
明月院の入口はうっすら赤色に

おお!うっすら赤く染まっています。ここだけ紅葉の進行が早いのかな?これは境内もひょっとすると、と期待して入場します。

入口でお金を払ってと
入口でお金を払ってと

中はご覧の通りでした。

やっぱりまだ早かったかな
やっぱりまだ早かったかな
こちも緑一色です
こちも緑一色です

ほとんど色付いてはおらず緑色のままです。11月はまだ紅葉の季節じゃなかったかー。でも探すと所々に”小さな紅葉”が見つかります。

所々紅葉が始まっています
所々紅葉が始まっています

数は少ないですがいくつかの木は赤や黄色に染まり始めています。真っ赤や真っ黄色でなくうっすら染まっている紅葉も、それはそれで綺麗なものです。それに境内をまわって紅葉を探すのもなんだか楽しいです。

今日イチの「明月院」紅葉スポットは?

さて、数少ない紅葉を探し回って見つけた、今日イチの紅葉スポットがこちらです。

今日イチの「明月院」紅葉スポット
今日イチの「明月院」紅葉スポット

どうですか!?結構いい感じの染まり具合です。

日本家屋と赤い紅葉が、合う!
日本家屋と赤い紅葉が、合う!

後ろにあるのは明月院の境内にあるお茶屋さんです。このお茶屋の黒と赤い紅葉がまた合うんだな!

ちょっと引いてみると、まわりは緑一色でここだけ紅葉が進んでいるのがわかります。不思議だ。

お茶屋さんの一角だけ赤く色づいています
お茶屋さんの一角だけ赤く色づいています

ここでお茶を飲んだら絶景だ。もしやお茶屋が木に何か仕掛けたのか?なんてね。

とにかくちょっと早いけど綺麗な紅葉が拝めて大満足です。

アジサイ・紅葉に負けていない明月院の見どころ「悟りの窓」

明月院の見どころはまだあります。有名な「悟りの窓」です。これは方丈と呼ばれるお寺の本堂にある丸い窓のことで、その名の通り、悟り、心理、大宇宙を円形の窓で表しているそうです。こちらがその「方丈」の外観です。

方丈の外観
方丈の外観

中に入ると奥に丸い窓が見えます。

明月院の「方丈の円窓」
明月院の「方丈の円窓」
丸い窓の向こうに悟りが見えます
丸い窓の向こうに悟りが見えます

近くにいた外国人の観光客はこの光景を見て、感嘆のため息と共に「Beautiful…」と一言発してしばらく立ちすくしていました。それぐらい圧倒的な美しさです。

この丸窓をくぐって縁側に出ると、また別の絶景が広がっています。

本堂の奥にある枯山水庭園
本堂の奥にある枯山水庭園

枯山水庭園が目の前に広がっています。これもまた日本が誇る美の1つですね。素晴らしい!

花と動物を愛でる

明月院の見どころはまだあります。「北条時頼の墓所」や「開山堂」や横穴式の納骨窟「やぐら」などが有名です。

北条時頼の墓所と廟所
北条時頼の墓所と廟所
開祖を祀った開山堂
開祖を祀った開山堂

それら史跡群に加え、明月院がこだわっているのが”花”と”動物”です。

冒頭で紹介した紅葉の他に、花ショウブやアジサイも有名ですし、境内のいたるところに花が飾られています。

ここにもたくさんの花が
ここにもたくさんの花が

このお地蔵さんの名前は「花想い地蔵」。

花想い地蔵
花想い地蔵

立て札にこんな文が説かれています。

花想い地蔵の想い
花想い地蔵の想い

人は離れてもはかない花の思い出の中に生きています。
大切な人との別れ、いとおしい物との別れ、そんなとき、ふと目に止まった花が、どんなにか心を慰めてくれたことでしょうか。
いつくしみ深き花地蔵

なんだか胸がキュンとします。ちなみにこのお地蔵さんはネックレスやピアスも派手に着けてなかなかのおしゃれ者です。

首元のネックレスがおしゃれ
首元のネックレスがおしゃれ
ピアスがおしゃれ
ピアスがおしゃれ

そして、明月院では小動物へのこだわりも強く感じられます。

境内のあちこちに居るうさぎさん。

うさぎと亀
うさぎと亀
ここにもうさぎが
ここにもうさぎが

記念写真が撮れるうさぎパネルも。

うさぎの記念パネルだってあります
うさぎの記念パネルだってあります

作り物のうさぎだけだと思ったら、

本物のうさぎまで
本物のうさぎまで

本物のうさぎもいました!どんだけ!

また野鳥に餌付けする台やお家、

小鳥の餌付け台
小鳥の餌付け台

スズメに名前がついていたり!

すずめの花子
すずめの花子

本物かと思ったら木でできた小鳥の置物が飾ってあったり。

かわいい木製の鳥たち
かわいい木製の鳥たち

他にも小さいお地蔵さんがちょこんと居たり、

小さなお地蔵さん
小さなお地蔵さん

竹林に天女が寝転んでいたり。

竹林に寝転ぶ天女
竹林に寝転ぶ天女

可愛らしい仕掛けが本当にたくさんあるんです。小動物・小鳥好きにはたまりません!

本当の紅葉の見所は12月上旬かな?落ち葉のお掃除も忘れずに

ちょっと早めに行った明月院は、紅葉は少しでしたが、可愛らしいものにもたくさん会えてとても満足でした。凝った趣向がいいですね、明月院さん。

最後に、これからの紅葉のハイシーズンに向けて、落ち葉の掃除の案内も明月院はユニークなので紹介します。

お掃除もアクティビティの1つとして開放
お掃除もアクティビティの1つとして開放

木々の贈り物
掃いて集めて自然に帰そう。
集めておいて頂くと回収して肥料を作ります。

木々の贈り物(落ち葉)を自然に帰そうだって!こうやって訪れた人に掃除をやらせちゃうのも明月院ならではかも

ササッと掃いて帰ります
ササッと掃いて帰ります

これなら掃除も苦にならないかもね。さすがです。

まとめ

紅葉はちょっと早かったけど11月でも充分楽しめる明月院でした!


基本情報 明月院

■ホームページ
なし
■営業時間
9:00~16:00(6月は8:30~17:00)
拝観料 300円。6月は500円。(6月と紅葉の時期は庭園特別拝観あり※別途500円必要)
■定休日
無休
■住所
〒251-0035
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内189
■お問い合わせ
0467-24-3437
■アクセス
JR横須賀線「北鎌倉駅」から徒歩10分


■近くにこんな古民家カフェがありますよ。
【北鎌倉の古民家ブックカフェ】「喫茶ミンカ」で読書をする秋雨の午後

古民家カフェ「喫茶ミンカ」
古民家カフェ「喫茶ミンカ」
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip

You might also like …

Post Comment

Your email address will not be published.

CAPTCHA