【江ノ島おすすめデート】シーキャンドルに昇った!1時間行列待ちだけど最高の夜景!

【江ノ島おすすめデート】シーキャンドルに昇った!1時間行列待ちだけど最高の夜景!
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip

江ノ島冬のデートの定番スポットと言えば「シーキャンドル」です。相模湾を一望できる高さ120mのパノラマ絶景は、1時間の行列待ちをしてでも一度は行くべし!

シーキャンドルの塔の高さは59.8m。海抜はなんと119.6m!

シーキャンドルは江ノ島の頂上付近の植物園「サムエル・コッキング苑」にある展望台。江ノ島の上にある”つの”です。

江ノ島の頂上を目指します
江ノ島の頂上を目指します

シーキャンドルの高さは最長部で59.8m、屋内展望フロア-の高さは41.7mです。ただし、江ノ島自体の高さが50m~60mあるので、海抜だと最長部で119.6m、展望フロア-も101.5mもあることになります。しかもまわりは海で高いビルなんて1つもないので眺めも抜群なはず!これは楽しみだ!

100m超えの江ノ島シーキャンドルの高さ
100m超えの江ノ島シーキャンドルの高さ

シーキャンドルの営業時間と料金

江ノ島シーキャンドルがあるサムエル・コッキング苑の入場時間は9時から20時です。最終入場は19時半。シーキャンドルはイルミネーションが広がる苑内の奥にあるので、遅くても19時にはサムエル・コッキング苑についている必要があります。

サムエルコッキング苑の奥にあるシーキャンドル
サムエルコッキング苑の奥にあるシーキャンドル

料金は入苑料が200円と昇塔料が300円で大人1人で合計500円かかります。子供は半額の250円です。

大人1名 500円
(江の島サムエル・コッキング苑入苑料200円 + 江の島シーキャンドル昇塔料300円)
小人1名 250円
(江の島サムエル・コッキング苑入苑料100円 + 江の島シーキャンドル昇塔料150円)

引用:江ノ島シーキャンドル料金

江ノ電乗り放題券や新江ノ島水族館とのお得なセット券もあるので公式ページでご確認を!

江ノ島シーキャンドルお得なセット券
江ノ島シーキャンドルお得なセット券

引用:江ノ島シーキャンドルお得なセット券

シーキャンドルの混雑状況は?休日は行列で1時間待ち

前回お伝えした「サムエル・コッキング苑」のイルミネーションをたっぷり楽しんだ後に、いよいよシーキャンドルに向かいます。

シーキャンドルへ続く「湘南光のトンネル」
シーキャンドルへ続く「湘南光のトンネル」

「湘南光のトンネル」を抜けるとちょうどシーキャンドルのふもとに出ます。

シーキャンドルのふもと
シーキャンドルのふもと
シーキャンドルが真上に
シーキャンドルが真上に

シーキャンドルって意外と大きいんですね。間近で見るとけっこう迫力あります。

間近で見るとけっこうデカい
間近で見るとけっこうデカい

シーキャンドルの周りには特設ステージもあり、定期的にイベントを開催しているのだとか。そう言えばつるの剛士さんも来るとか。あんまり興味ないけど。

シーキャンドルふもとの特設ステージ
シーキャンドルふもとの特設ステージ

この日は土曜日の夜18時半頃。気になる混雑状況は…

大行列が!
大行列が!

展望フロアーまでは専用のエレベーターで昇るのですが、エレベーター前までたんもり行列が!

これは1時間待ちだな
これは1時間待ちだな

ご覧の大行列ができています!失敗したなー。休日の1番混む時間帯に来てしまったようです。

係員さんに待ち時間を聞くと「40分~1時間待ち」だそうです。1時間か。しかもここは海抜50m近くの江ノ島の頂上でとにかく寒い!周りの海から吹き荒れる海風も厳しい!地獄!でも昇りたい!これは長期戦覚悟で並ぶしかない!

暖かい服装はもちろんのこと、どうしても寒さに我慢できない場合は、ホットドリンクで暖を取りましょう。行列近くのワゴン車と、塔の入口1階にある自動販売機でホットドリンクを買えます。

ワゴン車でホットドリンクと軽食も買えます
ワゴン車でホットドリンクと軽食も買えます
1階屋内にある自動販売機
1階屋内にある自動販売機

さて、係員さんの予告通り、極寒の中約1時間待ってやっとのことでエレベーターに到着。体が冷え切って死にそうだけど、いよいよ展望フロアーに昇ります!

展望フロアーへ昇るエレベーター前まで行列は続きます
展望フロアーへ昇るエレベーター前まで行列は続きます

屋内展望フロアーから眺める圧巻のパノラマ夜景

エレベーターで60m近く昇ると展望フロアーです。

展望フロアーはこのあたり
展望フロアーはこのあたり

エレベーターを降りると円塔をぐるっと囲むように屋内展望スペースが広がっています。360度ぐるりと見渡すとこんな感じの眺望です!

真上から眺めるライトアップ
真上から眺めるライトアップ

さっきまで通ってきたサムエル・コッキング苑のライトアップを真上から一望できます!

島内のいたるところがライトアップ
島内のいたるところがライトアップ

江ノ島のあちこちがイルミネーションでキラキラ輝いているのがわかります。島全体がライトアップされていたんですね。さすが関東3大イルミ!

「湘南光のトンネル」を真上から眺める
「湘南光のトンネル」を真上から眺める

全長10mの「湘南光のトンネル」は上から見るとこんな感じなんですね。

江ノ島大橋も綺麗に見えます
江ノ島大橋も綺麗に見えます

そして来る時渡ってきた江の島大橋からの、

眼下に広がる相模湾の夜景
眼下に広がる相模湾の夜景

この相模湾の大パノラマ夜景!1時間待ちの寒さと苦労が吹き飛ぶぐらい感動しました!

さらにてっぺんの屋外フロアーが!極寒だけど最高の眺め!

屋内の展望フロアーの上にはさらに”屋外の頂上展望フロアー”があります。こちらは完全に屋外なので寒いなんてもんじゃありません!凍え死ぬレベルです。

屋外フロアーへは外の階段から行きます
屋外フロアーへは外の階段から行きます

さすがに真冬に海抜120mの屋外に出る人はそう多くはなさそう。ごくたまに元気な高校生が「きゃー寒いー!」なんて言いながら屋外階段を駆け上がっていく程度。せっかくなので私も寒さを我慢して行っちゃいます。

寒すぎてカメラがブレています!
寒すぎてカメラがブレています!

「きゃーさむ~い」と叫びながら屋外の階段を一気に駆け上がった先には、

むき出しの屋外展望フロアー
むき出しの屋外展望フロアー

冬の外気むき出しの屋外展望フロアーが現れます。さすが120m!突風が吹き荒れ寒すぎて人がほとんどいない!好きなところから景色を眺め放題です!

湘南の街並み
湘南の街並み
湘南から遠く静岡の海岸まで
湘南から遠く静岡の海岸まで
橋も美しい!
橋も美しい!

屋内フロアーと違ってガラス越しでないから景色がくっきり鮮明に見えます。イルミネーションなんて真上から模様がわかるぐらい。

イルミネーションを真上からパシャッ
イルミネーションを真上からパシャッ

こんなに真上から鮮明に江ノ島を眺めたのは初めてです。Google Mapを見ているみたいな景色にうっとり。

港も輝いています
港も輝いています
江ノ島を真上から眺めたのは初めてだ
江ノ島を真上から眺めたのは初めてだ
あれは江ノ島の裏側にある断崖絶壁です
あれは江ノ島の裏側にある断崖絶壁です

頭上には江ノ島のてっぺんの”つの”があります。

これが本当の最長部の角です
これが本当の最長部の角です

素晴らしい眺望を堪能しました。がしかし!寒過ぎて居るのが3分が限界なんです!もったいないけど早々に退散しました。春になったらまたゆっくり見に来よう。

帰りは屋外の下り階段がおすすめ!死ぬほど寒いけどこれまた最高の眺め!

冷えた体にムチを打ってもう1ヶ所見どころを紹介。帰りは屋内のエスカレーターか屋外の螺旋階段を選べます。ここはもちろん屋外を選ぶべし!寒いけど!

屋外の下り階段の入口
屋外の下り階段の入口

あまりに寒いのでこの時期はほとんど誰も利用していません。ということは独占状態です。早速行ってみましょう!

円塔の周りに沿った螺旋階段をひたすら降ります。

きれいな螺旋階段やー
きれいな螺旋階段やー

クルクル周りながらまだ降ります。螺旋好きにはたまりませんね。

ひたすら螺旋
ひたすら螺旋

下を見るとまだこんなにあります。なんせ60mありますから。

けっこう長い道のりです
けっこう長い道のりです

この屋外階段をおすすめする理由がこちらの景色です。

ちょっと外側をのぞくと
ちょっと外側をのぞくと

外側を覗いて見ると、イルミネーションを上から間近に見られます。

どこから見てもキラキラ
どこから見てもキラキラ

同じ上からの眺めでも、先ほどの展望台からの見え方とはまた違って、今度はちょっと上から間近に見られる感じです。しかも螺旋階段なので降りながら360°全方位を見渡せます。

降りるに連れて段々と鮮明に
降りるに連れて段々と鮮明に
地上に近づいてきました
地上に近づいてきました

下に降りるに連れてイルミネーションが段々と間近に来て鮮明さを増していきます。思わず何枚も写真を撮ってしまいました。寒いけど外階段を選んで良かったです。

2階のデッキでシーキャンドルの七色の光を観察

外階段を降りる途中で2階デッキ部分に寄り道しました。

2階デッキ部分
2階デッキ部分

ここではもう一度シーキャンドルのタワー部分をじっくり観察できます。

網の目のように伸びた光の粒も素敵
網の目のように伸びた光の粒も素敵

シーキャンドルの七色に変化する光は、ふもとのこのライトを当てていたんですね。

七色ライトをシーキャンドルに照射!
七色ライトをシーキャンドルに照射!
こんな色や
こんな色や
あんな色に変化
あんな色に変化

私、決して塔マニアでもイルミネーション超好きって訳ではないのですが、シーキャンドルは意外と見どころが多くて大大大満足でした。

江ノ島の歴史を学べる資料館

シーキャンドルの1階には江ノ島の歴史が学べる資料館があります。ここも穴場で誰も訪れる人はいません。せっかくなのでちょっと覗いてみます。

シーキャンドル1階の郷土資料館
シーキャンドル1階の郷土資料館

係員も誰もいない小部屋は資料館というより「資料室」ぐらいの規模です。でも、灯台のライトや昔の江ノ島の写真など、貴重な歴史資料が陳列されていて中々楽しめました。

使われなくなった昔の灯台のライト
使われなくなった昔の灯台のライト
昔の江ノ島の姿
昔の江ノ島の姿

1階「cafe du GABO」で食事もできます

1階にはワッフルと簡単な軽食ができるカフェがあるので、散策で小腹がすいたら一休みもできますよ。

江ノ島シーキャンドル1階「cafe du GABO」
江ノ島シーキャンドル1階「cafe du GABO」

引用:cafe du GABO

展望フロアーと屋内1階にあるお土産屋さん

シーキャンドルならではのお土産は?先ほど昇った屋内展望フロアーには定番の怪しいお土産屋さんが並んでいました。

展望フロアーのあやしいお土産屋さん
展望フロアーのあやしいお土産屋さん
定番の格言付きのイラストも売っています
定番の格言付きのイラストも売っています

薄暗くて怪しいのはちょっと、という方は1階にもう少し本格的なお土産ショップがあります。

1階のお土産ショップ
1階のお土産ショップ

このお店にはシーキャンドルでしか買えない限定のお菓子も売っています。

シーキャンドルポテトスナック
シーキャンドルポテトスナック

おすすめはこちらのシーキャンドルの形をしたクランチチョコ。

シーキャンドル限定クランチチョコ
シーキャンドル限定クランチチョコ

パッケージも可愛いのでちょっとしたお土産にどうぞ!

まとめ

遠くから眺めているだけだった江ノ島シーキャンドルに今回初めて昇ってみました。感想は大満足で感動するぐらいの絶景を堪能!今まで知らなかった江ノ島の魅力に触れられた一日になりました。イルミネーションは2月19日(日)までなのでまだ間に合いますよー!

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip

You might also like …

Post Comment

Your email address will not be published.

CAPTCHA