【最新2018鎌倉・成就院あじさい開花状況】海が見える紫陽花ロード復活!カフェ坂ノ下のすぐ近く!

【最新2018鎌倉・成就院あじさい開花状況】海が見える紫陽花ロード復活!カフェ坂ノ下のすぐ近く!

鎌倉成就院の紫陽花が見頃!改修工事後も徐々に株数が戻りつつあります。高台から海が見えるし、カフェ坂ノ下も徒歩圏内で、おすすめの穴場的な紫陽花鑑賞スポットです。

鎌倉成就院の参道工事は完了!移植後の紫陽花の状況は?

創建800年にあたる2019年を迎えるにあたり、長い間行われていた参道の修復工事がついに完了しました。

その工事の際、参道にあった262株もの紫陽花が、震災被害にあった宮城県南三陸町に送られました。鎌倉市全体でも2000株の紫陽花が贈られたそうです。

その後、成就院の紫陽花はどうなったのか?最新の状況を見てみましょう。

2018年6月11日あじさい開花状況【見頃】

成就院の場所は江ノ電極楽寺から徒歩3分ほど。

意外と知られていませんが、極楽寺は超有名店「カフェ坂の下」が徒歩圏内。寺&カフェめぐりが密かに人気のようです。

小雨の降るなか、カフェ坂の下から向かいます。

成就院から歩いて行ける「カフェ坂の下」
成就院から歩いて行ける「カフェ坂の下」

この石段を登りきった先に成就院があります。

石段を登った先が成就院
石段を登った先が成就院

参道の入口は長谷側の東結界と、極楽寺側の西結界の2つ。今回は東結界から登っていきます。

成就院の西結界
成就院の西結界
長谷側にある東結界
長谷側にある東結界

紫陽花があるのはこの東西に延びた参道の途中。

石階段の参道に紫陽花が
石階段の参道に紫陽花が
紫陽花の咲く斜面の下は道路
紫陽花の咲く斜面の下は道路
数はまだ少ないですが
数はまだ少ないですが
点在する紫陽花
点在する紫陽花
こっちにも紫陽花
こっちにも紫陽花

以前は一面にあったそうですが、今はご覧のように点在しているだけ。それでも満開を迎えるこの時期は、数は少ないですがこんなに綺麗に咲いている紫陽花も見つかりました!

色とりどりの紫陽花
色とりどりの紫陽花
参道の黒い手すりと紫陽花
参道の黒い手すりと紫陽花
紫色もたくさん
紫色もたくさん
こっちは濃い紫色の紫陽花
こっちは濃い紫色の紫陽花
淡い色の紫陽花も見事に咲いています
淡い色の紫陽花も見事に咲いています
白の中にぽつぽつ濃い色が素敵
白の中にぽつぽつ濃い色が素敵
山側も綺麗に咲いています
山側も綺麗に咲いています
道端にも綺麗な紫陽花
道端にも綺麗な紫陽花
ピンクの紫陽花が壁からひょっこり
ピンクの紫陽花が壁からひょっこり

全盛期の「満開の紫陽花ロード」とまではいきませんが、十分な見応えですよね!この日も雨天の足元が悪い中、たくさんの人が紫陽花を拝みに来ていました。



あじさい好きには有名なスポットなんです
あじさい好きには有名なスポットなんです

紫陽花に夢中になり過ぎて忘れないで欲しいのですが、参道の中腹から後ろに振り返ると見える景色。鎌倉の海が一望できる絶景です。インスタ映えする写真スポットとして人気です。振り返るのを忘れずに!

振り返ると海が見る成就院の紫陽花ロード
振り返ると海が見る成就院の紫陽花ロード

ちなみに反対の西側はまだ本当に一部分しか紫陽花が見当たりませんでした。

西側はこんな感じ
西側はこんな感じ

紫陽花のほかにも楽しめる成就院の見どころ

さて、せっかくなので参道を抜けた先にある本堂を散策してみます。5分もあればまわれそうな小さな境内ですが、意外と見どころ満載です。

成就院の本堂はこちらから
成就院の本堂はこちらから
龍の水で手を清めます
龍の水で手を清めます

入口付近にある立派な弘法大師像。

立派な弘法大師像
立派な弘法大師像

奥にあるのが本堂。したたる雨がイイ雰囲気です。

成就院の本堂
成就院の本堂

なんでか知りませんが、良縁を結ぶといわれている不動明王像。この日も熱心に写真を撮る女性参拝者を数人お見掛けしました。スマホの待ち受け画像にするとご利益があるのだとか。

縁結びの不動明王
縁結びの不動明王

こちらは腕を組んで苦悩する考える人の像。正式名称は…ちょっとわかりません。

考える人
考える人

こちらは子授け・安産・子育てのご利益がある子安地蔵菩薩と、手前にある丸い石が子生石。

子安地蔵菩薩と子生石(こうみいし)
子安地蔵菩薩と子生石(こうみいし)

こっちには小さな紫陽花がいけられています。

ここにも小さな紫陽花が
ここにも小さな紫陽花が

瓦版には紫陽花の近況が貼りだされていました。

成就院の紫陽花はまだ控えめ
成就院の紫陽花はまだ控えめ

成就院の紫陽花はまだ「控えめ」の状態ですが、それでも綺麗で十分楽しめました。いつの日かまた一面の紫陽花ロードになることを願ってやみません。

こちらの記事もどうぞご覧ください!