【江ノ島生しらす2018GW入荷予想】駅近「清光園」の絶品温泉卵付き生しらす丼は、連休に食べられるのか!?

【江ノ島生しらす2018GW入荷予想】駅近「清光園」の絶品温泉卵付き生しらす丼は、連休に食べられるのか!?

2018年GWの湘南生しらすの入荷予想を聞いてみました。片瀬江ノ島駅近くの名店「清光園」で自慢の温泉卵付き生しらす丼をいただきながら。

片瀬江ノ島駅から徒歩3分でアクセス最高!地魚料理の名店「清光園」

小田急片瀬江ノ島駅から1番近くて、美味しい生しらすが食べられるお店は「清光園」ではないでしょうか?橋を渡って行ってみましょう!

4月の片瀬江ノ島駅はもう観光客でいっぱい
4月の片瀬江ノ島駅はもう観光客でいっぱい
片瀬江ノ島駅の前にある橋を渡って
片瀬江ノ島駅の前にある橋を渡って

橋の先にあるローソンの目の前の建物の2階が「清光園」。1階はお土産屋さんです。

ローソンが目印です
ローソンが目印です
こちらの2階が「清光園」です
こちらの2階が「清光園」です

表には「湘南産しらす」を証明するのぼりも出ています。

しらすはもちろん湘南産
しらすはもちろん湘南産

こちらは脇からみた様子。休日は階段に行列ができるほどの人気店です。

休日はこの階段が行列で埋まります
休日はこの階段が行列で埋まります
階段を上がった先が「清光園」の入口
階段を上がった先が「清光園」の入口
年季が入った「清光園」の看板
年季が入った「清光園」の看板

年季の入った看板に期待して入店です!

妙に落ち着くよくある普通の観光地の食事処です

店内は観光地によくある古い食事処のまんまの風景。

観光地の食堂
観光地の食堂

壁にはおなじみのウミガメの剥製が飾ってあったり。

ウミガメと生しらす
ウミガメと生しらす

近所の常連さんが昼間から飲んでいたり。

地元の常連さんが昼間から飲んでいます!
地元の常連さんが昼間から飲んでいます!

この普通な感じが妙に落ち着きます。おしゃれなカフェやハワイアン勢が増えてきたとはいえ、やっぱり昔ながらの食事処も江ノ島には健在です。

2階の窓からスバナ通りを眺めつつ
2階の窓からスバナ通りを眺めつつ

今日は平日のランチ過ぎだったので店内は空いており、席は選び放題。窓際のテーブル席でスバナ通りを眺めながら、地物の江ノ島ビールで乾杯。

まずは江ノ島ビールで乾杯
まずは江ノ島ビールで乾杯

お通しで出てきたのは厚揚げ豆腐の煮物。濃い目の関東風の味付けがビールにぴったり!

濃い目の味付けの厚揚げ豆腐
濃い目の味付けの厚揚げ豆腐

地魚と旬のメニューは別ボードにあり!

食事メニューはこれまた食事処の定番メニューがずらり。丼、そば、定食と何でもありです。

食事処らしいラインナップ!
食事処らしいラインナップ!

でもせっかく江ノ島まで来たら、新鮮地魚やここでしか味わえない旬の物を食べたいですよね!それらは日替わりで別ボードに書いてあるので要チェックです。

新鮮な地魚や旬のメニューは別ボードに
新鮮な地魚や旬のメニューは別ボードに

その中からチョイスしたのがこちらの春わかめ。



春の新わかめ
春の新わかめ

生姜とポン酢でサッパリといただくと、シャキシャキッとした歯ごたえがなんとも言えません。

新鮮シャキシャキ!
新鮮シャキシャキ!

生しらすは新鮮でシャッキリした安定の美味しさ

さて、次はいよいよ生しらすの登場です!清光園の生しらす丼は温泉卵・貝入り味噌汁・煮物・お新香が付いて1,100円となかなかの高コスパ。

清光園の生しらす丼
清光園の生しらす丼

醤油をチョロッと垂らして、生姜をチョコンと添えていただきます。

見てくれ!このしらすの輝きを!
見てくれ!このしらすの輝きを!

地元で朝獲れた新鮮な生しらすは、まだ身が立っています。ベターッとしたぬめりが無く、ツルツルッとした食感も残っています。

生しらすは少しの輸送でも小さな身は崩れてしまうので、とにかく地元で獲れたてを新鮮なうちに食べるのがベストな食べ方。足が速いので夕方よりも昼、昼よりも朝に食べたほうがより美味しいのだとか。なんとも繊細な食べ物です。

ツルツルっとした食感が新鮮さの証
ツルツルっとした食感が新鮮さの証

その繊細な生しらす達をドバーッとガーッとご飯と一緒に喉にかきいれると、ほんのり甘みと磯の香りが広がって最高!

ご飯との相性も抜群
ご飯との相性も抜群

あまりの旨さについつい食べる速度も上がり気味!

トロッと温泉卵で生しらすが2度美味しい!

逸る気持ちを抑えつつ、さらに美味しくなる温泉卵を崩して混ぜ込んでみます。

温泉卵をトロリと崩し
温泉卵をトロリと崩し
ツルツルとトロトロが甘くて旨くて!
ツルツルとトロトロが甘くて旨くて!

温泉卵の濃厚なトロミと混ぜると、しらすの磯の香りと塩気が「ぷつぷつっ」と引き立ちます。生しらす丼のトッピングは温泉卵が1番です!

あとはひたすらかきこみます
あとはひたすらかきこみます
無言でひたすら食べます
無言でひたすら食べます
あっという間に完食
あっという間に完食

ものの数分で完食。清光園の生しらす丼は最高に美味しいけれど、欲を言えばもうちょっと量が欲しい!男性はちょっと足りないかも知れません!

2018年ゴールデンウィークの生しらす入荷状況は?

さて、お店の方と少し話す機会があったので、最近の生しらすの入荷状況を聞いてみました。数日後に始まるゴールデンウィークに生しらすを食べられるのか、遠方からくる観光客も知りたいはずです。

すると、ちょっと困った顔をして、
「最近になってようやく未入荷の日は少なくなりましたが、まだ漁獲量が不安定なので心配です。入荷量が少ない日は早めに売り切れてしまうかもしれません…」
と丁寧に答えてくれました。

やはり2018年GWに湘南で生しらすが食べられるかどうかは、その日の漁次第、運次第になりそうです。朝の生しらす漁の釣果報告をまめにチェックしたほうが良さそうですね。

また「せっかく生しらすを目当てに来てくれるお客さんに申し訳なくて…」ともおっしゃっていました。いえいえ、その時は他の地魚料理を食べさせてもらえるのでお気になさらずに!

他の丼も普通に美味しいです
他の丼も普通に美味しいです

連れが食べた天丼も普通に美味しかったようですよ。

まとめ

片瀬江ノ島駅近くの名店「清光園」の生しらす丼はしらすが新鮮でシャッキリして安定の美味しさでした!今年のGWに生しらすが食べられるかどうかは、その日の漁次第なので朝のしらすニュースチェックは欠かせません。


店舗情報 清光園(せいこうえん)

■ホームページ
食べログ
■営業時間
12:00〜19:30
定休日 毎週木曜日
■住所
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-23
■お問い合わせ
0466-22-2697
■アクセス
小田急線片瀬江ノ島駅の橋を渡ってすぐのローソンの向かいの建物の2階
■絶対に食べたい!おすすめメニュー
温泉卵付き生しらす丼
■その他
春はわかめも美味しいです!




実際に泊まった人の評価だけ。ホテル・旅館ランキング!

こちらの記事もどうぞご覧ください!