【藤沢の台風被害その後】倒壊した南口の橋と折れた標識は? ​湘南各地の被害状況は?海はどんな感じ?

【藤沢の台風被害その後】倒壊した南口の橋と折れた標識は? ​湘南各地の被害状況は?海はどんな感じ?

先日の台風24号で藤沢駅南口の橋が倒壊するという甚大な被害が出ました。

橋は現在どうなったのか?折れ曲がった標識は?

早めの復旧を望みますが、次の台風25号がもう間近に迫っているので心配です。

台風24号が過ぎた後の湘南各地の被害状況をお伝えします。

藤沢駅南口の台風被害:台風24号直後の様子

超大型の台風24号が過ぎ去った直後の藤沢駅南口の様子です。

橋の一部が倒壊して崩れています。大きな瓦礫が歩道付近に垂れ下がっており、怪我人が出ていないか心配です。

赤い消防の標識もポッキリと折れています。風で折れたんですよ?風で!

台風24号がいかに凄まじい威力だったか怖いほど思い知らされました。

藤沢駅南口の台風被害:台風24号通過して2日後の様子

それでは、台風24号が通過して2日たった10月3日の藤沢駅南口の様子です。

10月3日の藤沢駅南口の様子
10月3日の藤沢駅南口の様子

台風一過の晴天が広がっています。

問題の橋の倒壊箇所を見てみると、

このあたりが倒壊していたはず
このあたりが倒壊していたはず
すっかり瓦礫は撤去されて片付いています
すっかり瓦礫は撤去されて片付いています

瓦礫はすっかり片付いていました!仕事が早い!

瓦礫が垂れさがっていたのはこの辺りか
瓦礫が垂れさがっていたのはこの辺りか

あのガチャガチャしたものがぶら下がっていた真下はこんな感じ。綺麗に片付いています。

もう大丈夫そうですね
もう大丈夫そうですね

続いて、同じく藤沢駅南口の赤い消防標識がボキッと折れていた場所を見てみます。

消防の標識がポッキリ折れていた場所
消防の標識がポッキリ折れていた場所
すっかり復旧していました
すっかり復旧していました

すっかり元通りになっていて安心しました。

湘南各地の台風後の状況

では、湘南各地の台風被害はどうだったのでしょうか?台風通過後の主要箇所の様子をお伝えします。

閑散とした新江ノ島水族館
閑散とした新江ノ島水族館
台風後の10月1日と2日はえのすい休館
台風後の10月1日と2日はえのすい休館

えのすいは台風の被害で2日間休館でした。



江ノ島海岸は漂流物が散乱しています
江ノ島海岸は漂流物が散乱しています

江ノ島近辺の海岸には流木やゴミなど漂流物が散乱しています。

波はそこそこあるのでサーフィン日和です
波はそこそこあるのでサーフィン日和です

台風通過後は波がそこそこあり秋晴れの気持ちのいい天気なので、サーファーがけっこう集まっています。

鵠沼海岸の工事中の橋?
鵠沼海岸の工事中の橋?
ゴミは散乱していますが倒壊はしていません
ゴミは散乱していますが倒壊はしていません

鵠沼海岸の鵠沼橋の工事中の橋(?)は、倒壊せずしっかり建っています。

海から少し離れた陸側も点々と台風の被害がそのまま残っています。

湘南T-SITE近くのフェンスは半壊
湘南T-SITE近くのフェンスは半壊

辻堂の湘南T-SITE近くの工事現場のフェンスは一部倒壊していました。

これは茅ヶ崎で見かけた倒壊したバス停のポール
これは茅ヶ崎で見かけた倒壊したバス停のポール

バス停のポールがなぎ倒されたままの場所もあります。

134号は落ち葉が散乱
134号は落ち葉が散乱

134号の防風林がある付近は落ち葉が積もってちょっと通りにくい状態です。

ちょっと通りにくい
ちょっと通りにくい

こちらは茅ヶ崎と平塚の間を流れる相模川。台風ですっかり濁っています。

平塚と茅ヶ崎の間
平塚と茅ヶ崎の間
相模川はすっかり濁っています
相模川はすっかり濁っています

以上、台風24号直後の湘南各地の様子でした。

まとめ

台風24号で倒壊した藤沢駅南口ですが、数日ですっかり普及しており安心しました。ただ、湘南各地ではまだ台風の爪痕が残っており早い復旧を祈るばかりです。

また、次の台風25号も間近に迫っているのでさらなる警戒が必要ですね。念のため、台風接近時には、倒壊の危険がある橋などには近づかないようにしましょう。

こちらの記事もどうぞご覧ください!