【鎌倉らしいおすすめ古民家寿司・和さび】本当は教えたくない大人の隠れ家!一条恵観山荘・報国寺の帰りにどうぞ

【鎌倉らしいおすすめ古民家寿司・和さび】本当は教えたくない大人の隠れ家!一条恵観山荘・報国寺の帰りにどうぞ

鎌倉の郊外にある古民家寿司・和さび(わさび)を紹介します。本当は誰にも教えたくないほど、とても気に入っているお寿司屋です。

シブい佇まいの古民家に似合う頑固そうな親父さんは、実はなんとも柔らかい人あたりで会話も弾みます。

小振りな握りはとても丁寧な味でいくらでも食べられてしまう。鎌倉らしい大人向けの隠れ家寿司屋です。

意外と難しい鎌倉ディナー選び

鎌倉の夕食選びはいつも悩みます。ランチは美味しいお店がたくさんあるのですが、夕食となると難しい。

鎌倉は有名観光地のわりには、夜まで営業しているお店が少なく、営業していたとしても事前に予約が必要な超人気店か、地元の人しかこない敷居の高いお店ばかり。

ですから、鎌倉グルメはどうしてもランチが中心で、夕食は帰る途中の別の場所で、という方も多いと思います。

と前置きしておきながら、鎌倉で、どうしても、予約してでも食べたいディナーがあります。それが今回紹介するお寿司屋さん「和さび(わさび)」です。

鎌倉散策の〆のディナーは
鎌倉散策の〆のディナーは

和さびの場所は、鎌倉の中心部(鎌倉駅や八幡宮があるエリア)からかなり離れた浄明寺地区にあります。鎌倉駅からは30分ほど歩くので、バスを使うのがおすすめです。最寄りのバス停は「杉本観音」。

和さびの最寄バス停は杉本観音
和さびの最寄バス停は杉本観音
鎌倉の郊外にある隠れ家へ
鎌倉の郊外にある隠れ家へ

辺りを山林で囲まれているため、日が沈むと真っ暗で1人で歩くのが怖いぐらい。行き先を知らせずに誰かを連れてきたら、「暗い!寒い!何もない!」と文句をいわれるほど、人通りも少ないひっそりした場所。

でも逆にこれが大人の隠れ家っぽくていいのです!

これぞ大人の隠れ家!古民家のシブい佇まいで寿司ディナー

静かにひっそりした佇まいのこちらの古民家が寿司屋・和さび。

暗闇にたたずむシブい古民家
暗闇にたたずむシブい古民家
寿司席和さび
寿司席和さび
入口の灯りにほっとする
入口の灯りにほっとする

これだけ辺りが暗いと、入口の灯りがとても懐かしくホッとさせられます。

畳みが敷かれた古民家
畳みが敷かれた古民家

昭和初期に建てられたという古民家。和洋が組み合わさったおしゃれ古民家ではなく、畳が敷かれた純粋な和式の古民家で、気取り過ぎずこれが妙に落ち着きます。

L字カウンターは会話が弾む!苦手な人は奥のテーブル席がいいかも

席はL字のカウンターが8席ほどで、広間にはテーブル席もありますが、こじんまりとしたアットホームな空間。

カウンター席に座ると大将が目の前で握ってくれて、おしゃべり好きな大将との会話も楽しめます。寿司屋の大将というと、どこか頑固で寡黙なイメージが私のなかで勝手にありましたが、和さびの大将はまったく正反対で、明るく朗らかな人当たりの柔らかな方でした。思わず大将の昔話や地元のおすすめグルメの話などで盛り上がりました!

また、カウンター席は他のお客さんとの距離も近い!大将と湘南でおすすめの焼肉店の話をしていたら「あ!焼肉本舗ですよね!」と隣の方が話しかけてきたり。寿司屋で焼肉の話で盛り上がる。私はこういう雰囲気は結構好きですねえ。

ガヤガヤ大騒ぎするほどではありませんが、カウンター席はそれなりに会話が飛び交います。苦手な人は奥のテーブル席が静かでいいかもしれません。

小ぶりなお寿司がちょうどいい!お任せコースが美味し過ぎる!

さて、お任せコースの料理の味はというと、美味しすぎて写真を撮るのを途中でやめたぐらい、最高でした!あまりの美味しさにスマホカメラをいじる余裕がなくなったのです。

前半部分だけいくつか撮った写真と共に解説をしましょう。



ビールと小鉢料理
ビールと小鉢料理

軽くビールで乾杯したら、お酒のつまみになりそうな小鉢がお盆で出てきます。どれも丁寧なつくりで味わい深い。お酒もぐいぐい進みます。

生牡蠣やあんきもなどお酒に合う物ばかり
生牡蠣やあんきもなどお酒に合う物ばかり
ふんわり白子焼き
ふんわり白子焼き
珍しいマンボウの刺身
珍しいマンボウの刺身

ふわトロの白子焼きに珍しいマンボウの刺身。

松茸の土瓶蒸し
松茸の土瓶蒸し

松茸の土瓶蒸しが出てきたあたりで、日本酒を飲み始めました。お酒を飲まないともったいない味です!

握りは小ぶりでちょうどいいサイズ
握りは小ぶりでちょうどいいサイズ

握りは小ぶりで酒飲みにちょうどいいサイズ。くちのなかでふわりと米がほぐれる絶妙のにぎり加減です。

脂がのった金目鯛
脂がのった金目鯛
シャキっとした青柳
シャキっとした青柳
ちょっと炙って甘味がたった平貝
ちょっと炙って甘味がたった平貝

金目に青柳に平貝と続き、この後も豪勢なネタがたくさん出てきたのですが、写真はここらで終わり。やっぱり寿司を握りながらスマホカメラをいじるのは色々な意味でよろしくない。もっと料理と楽しい会話に集中しようと思いまして。

でも、最後に出されたかんぴょうの海苔巻き、それと玉子焼き。この2つが甘辛濃い目でいかにも江戸前な味で感激!写真撮っておけばよかったかなあ、とちょっと後悔しました。

鎌倉の郊外にあるので一条恵観山荘・報国寺の帰りにどうぞ

鎌倉でとにかくおすすめのお寿司屋さんの和さびですが、中心部からは少し離れた場所にあるためアクセスは良くありません。

そこで、近くにある報国寺や一条恵観山荘の帰りに寄って、最後のディナーを和さびの寿司でしめくくるのがおすすめです。

報国寺の竹林を眺めながらお茶を楽しむ
報国寺の竹林を眺めながらお茶を楽しむ
一条恵観山荘の寺カフェとうっすら色づいた木々
一条恵観山荘の寺カフェとうっすら色づいた木々

鎌倉散策の〆にひっそり隠れ家でお寿司。大人な方にこっそりおすすめしたいプランです。


店舗情報 和さび (わさび)

■ホームページ
和さび (わさび)
スマホ・PCで簡単予約!クーポン&ポイントがお得!
■営業時間
昼 11:30~13:00(LO)
夜 17:00~
日曜営業
■定休日
月曜日
■住所
神奈川県鎌倉市浄明寺2-2-1


こちらの記事もどうぞご覧ください!