【江ノ島おすすめデートコース】期間限定イルミネーション「湘南の宝石」はいつまで?まだ間に合う?

【江ノ島おすすめデートコース】期間限定イルミネーション「湘南の宝石」はいつまで?まだ間に合う?
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip

江ノ島の定番デートスポットと言えば頂上にある植物園「サムエル・コッキング苑」です。LONCAFEもあるし期間限定開催中のイルミネーション「湘南の宝石」は自分史上最高でした!2月19日(日)まで楽しめます。

サムエル・コッキング苑までのアクセス。江ノ島入口から1時間が目安!

江ノ島の入口からサムエル・コッキング苑まではまっすぐ歩いて15分ぐらい。ただし、江ノ島は小高い丘の様な地形になっており、急勾配な坂や階段だらけ。ちんたらのんびり歩くと思ったより時間がかかります。

江ノ島の入口
江ノ島の入口
賑やかな参道の入口
賑やかな参道の入口
ひたすら階段が多いです
ひたすら階段が多いです
1月は正月を過ぎても初詣客が多い
1月は正月を過ぎても初詣客が多い
丘の中腹からの眺望
丘の中腹からの眺望

また、途中で寄り道したくなるお土産屋さんや神社などの名所がたくさんあるので、1時間ぐらいかけてのんびり頂上を目指すのがおすすめです。

人気のがまぶち専門店
人気のがまぶち専門店
江ノ島の新名所「はろーきてぃ茶屋」
江ノ島の新名所「はろーきてぃ茶屋」

かわいいお店だらけでついつい寄り道しちゃうんですよね。「はろーきてぃ」も江ノ島に進出!もちろん本物の江ノ島ネコもたくさんいて道中誘惑してきます。

江ノ島ネコの誘惑
江ノ島ネコの誘惑

意外と高い!入場料と昇塔料で合計500円

ネコに後ろ髪をひかれつつ、のんびり小一時間ほどかけて江ノ島頂上付近のサムエル・コッキング苑入口に到着です。

サムエルコッキン苑の入口
サムエルコッキン苑の入口

まずは券売機で入場券を購入します。まず、シーキャンドルがある「サムエル・コッキング苑」の苑入料が200円、さらに中にある展望塔シーキャンドの昇塔料が300円で、大人1人で合計500円かかります。(小人は苑入料が100円、昇塔料が150円で合計250円。)

うーん、意外と高い。無料でライトアップを楽しみたい方は「江ノ島の無料おすすめ夜景スポット」をご覧ください。島内には無料で楽しめるライトアップがたくさんあるので。

サムエルコッキングとシーキャンドルの券売機
サムエルコッキングとシーキャンドルの券売機
チケットをゲット
チケットをゲット

サムエル・コッキング苑とシーキャンドルの両方の入場券を購入しました。

ちなみにこのサムエル・コッキング苑の中には、フレンチトーストで有名なLONCAFEがありますが、当然200円の苑入料を払わないと入れません。せめて入場料は無料にして欲しいのですが!

ライトアップ・イルミネーションは17時から。最終入場は19時半まで!

さて、サムエル・コッキング苑の営業時間は朝9時から夜20時まで。ですが、せっかく行くなら夜のライトアップ・イルミネーションが開催し+ている時間帯に入場しましょう。ライトアップの時間は17時から20時まで。(営業時間延長日は21時まで。)最終入場は19時半なのでお見逃しなく!

この日は開場17時に行くはずが、キティーカフェで寄り道をし過ぎて若干遅れ気味で18時頃に到着。あたりはすでに真っ暗でイルミネーションが始まっています。時間はたっぷりあるので苑内をしばし散策してみます。

シーキャンドルを目指して苑内を散策
シーキャンドルを目指して苑内を散策

2万本のチューリップが綺麗過ぎる!

サムエル・コッキング苑は英国人貿易商「サムエル・コッキング」に由来する植物園です。四季折々の様々な植物が苑内を埋め尽くしています。さらにこの時期は特別にライトアップされ一層華やかになります。

植物園全体がライトアップ
植物園全体がライトアップ
色とりどりの花と植物
色とりどりの花と植物
木々もライトアップ
木々もライトアップ

まず入口付近で出迎えてくれたのがご覧のチューリップ!

あたり一面のチューリップ
あたり一面のチューリップ
オレンジ色のチューリップ
オレンジ色のチューリップ
黄色のチューリップも
黄色のチューリップも
チューッリップの向こうにイルミネーションが輝く!
チューッリップの向こうにイルミネーションが輝く!

チューリップ越しに見るイルミネーションの灯りがまた幻想的。植物と灯りのコラボが楽しめます。

イルミは続くよどこまでも
イルミは続くよどこまでも

苑内にはフレンチトーストで有名な「LONCAFE」があります。入苑料を払ってでも一度は訪れたいカフェです。

フレンチトーストで有名なLONCAFEも光に包まれて
フレンチトーストで有名なLONCAFEも光に包まれて

感動した!関東3大イルミネーションは伊達じゃない!

苑内のライトアップが予想以上に素晴らしく驚きです。それもそのはず江ノ島の冬のイルミネーションは「関東3大イルミネーション」に入っているのです。「え?関東3大イルミネーションって何?」という方へ簡単に説明します。

「関東3大イルミネーション」とは、2012年10月5日に開催された「夜景サミット2012 in 長崎」で、関東を代表するイルミネーションに認定されたもの、だそうです。どんだけ凄いか私も知りませんでしたが、とにかく豪華で派手で規模が大きい素晴らしいイルミネーションのようです。ちなみに3大の残り2つは栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」、千葉県柚ヶ浦市の「東京ドイツ村」です。

  • 栃木県足利市「あしかがフラワーパーク」
  • 千葉県柚ヶ浦市「東京ドイツ村」
  • 神奈川県藤沢市「江の島 湘南の宝石」

光のトンネル「湘南シャンデリア」

関東3大と聞くとさらに豪華絢爛に思えてきました。ライトアップされた光の道はまだ続きます。

光の道はまだまだ続きます
光の道はまだまだ続きます
海底を歩いているようだ
海底を歩いているようだ

道を照らす青い色は海をイメージしたものでしょう。淡く照らされた海底を歩いているような気分です。道の脇の木々や草花も残らず綺麗にライトアップされ足元を鮮やかに照らしてくれます。

道端の草花もライトアップ
道端の草花もライトアップ

光の道の途中には幾重もの光のアーチがあってカップルを出迎えてくれます。

光のアーチ
光のアーチ
きらびやかな光にカップルもうっとり
きらびやかな光にカップルもうっとり

そして、サムエル・コッキング苑内で一番カップル率が高い目玉がこれ!

シーキャンドルへ続く「湘南光のトンネル」
シーキャンドルへ続く「湘南光のトンネル」

シーキャンドルへ向かって続く全長10mのトンネル状のイルミネーション「湘南シャンデリア」です。

光り輝く6万個のクリスタルビーズ
光り輝く6万個のクリスタルビーズ

6万個のクリスタルビーズで彩られた光のトンネル中を歩いてみると、キラキラと光りに包まれてなんとも素敵です!ここは圧倒的にカップルが多く、みんな仲良く手を握り合ってうっとり眺めていました。

光のトンネルの天井には、船を模した豪華なシャンデリアが煌びやかに浮かんでいます。

頭上に輝く豪華なシャンデリア
頭上に輝く豪華なシャンデリア
間近で見ると大迫力
間近で見ると大迫力

あまりの綺麗さにしばし立ち止まる人が続出です。なのでちょっとした交通渋滞が起きていました。

これがあの有名な江ノ島シーキャンドルライトアップだ!

そしてクライマックスはあの有名な江ノ島の塔「シーキャンドル」です!

シーキャンドルが間近に!
シーキャンドルが間近に!

いつも遠くから眺めていたシーキャンが間近で拝めて大興奮です。ちょっとぐらい寒くても平気です!眺めては写真を撮ってまたちょっと移動してうっとりして写真を撮って、ひたすらその繰り返しで中々前に進めません!やばいぜシーキャンドル!

そして散々眺めまくって見つけベストな構図がこちら!

よくポスターなどに使われているベスト構図
よくポスターなどに使われているベスト構図

スマホで撮ったので写真の腕はともかく、シーキャンドル手前の光の花畑からの一枚はなかなか良さげです。

じんわりと色が変化します
じんわりと色が変化します

じんわりと色が変わるのでずっと見ていたも飽きない。「どんだけ見るんだ!」ってぐらいみんなじっと眺めています。だから混みます!そして寒い!なので、混雑する時間帯は避けてちょっと早めの時間(日没直後の17時半ぐらいが比較的空いています)に来ることをおすすめします。もちろん防寒対策の暖かい格好をお忘れなく。

まとめ

江ノ島「サムエル・コッキング苑」の冬季限定イルミネーションは2月19日(日)まで!江ノ島冬のデートに絶対におすすめです!

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip

You might also like …

Post Comment

Your email address will not be published.

CAPTCHA