Apple Watch標準マップがGoole Maps(グーグルマップ)よりも優れている点

Apple Watch標準マップがGoole Maps(グーグルマップ)よりも優れている点
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip

9/29よりApple Watchに対応したGoogleマップですが、現状ではApple Watch標準マップの方が格段に使い易いです。私が実際に使用してみてApple Watch標準マップがGoole Maps(グーグルマップ)よりも優れていると感じた点をお伝えします。

標準マップとGoogleマップの比較
標準マップとGoogleマップの比較

目的地をマップ上で直接指定できる

Googleマップでは、これから行きたい目的地をあらかじめiPhoneから登録した自宅・職場・最近使った経路の3つの中からしか選べません。Apple Watchで新たな目的地の指定はできないのです。

Googleマップは目的地の候補は三つだけ
Googleマップは目的地の候補は三つだけ

対して標準マップでは、マップ上の任意の地点を目的地に指定できます。それ以外にも音声入力・よく使う項目・履歴などからも目的地を指定できます。

マップ上をタップして直接指定
マップ上をタップして直接指定

マップ上をタップしてピンを打ち、そこを目的地に指定する事ができるのです。
ドロップされたピンを目的地に指定
ドロップされたピンを目的地に指定

音声入力・よく使項目・履歴から検索できる
音声入力・よく使項目・履歴から検索できる

この目的地をApple Watch上で自由に指定できるのはすごく便利です。

Siriの音声入力を使った目的地指定が超便利

標準マップでは、Siriを使って音声入力で目的地を指定できます。これがすごく便利!

クラウン長押しでSiriを起動
クラウン長押しでSiriを起動

目的地を音声入力
目的地を音声入力
候補が出てきた
候補が出てきた
目的地までの経路が表示された
目的地までの経路が表示された

歩行中、自転車に乗っている時などに、Siriに話しかけるだけでナビできちゃいます。GoogleマップみたいにわざわざiPhoneから指定する必要はありません。

フルカラーマップでナビしてくれる(Googleマップはテキストで経路表示のみ)

Googleマップはマップが表示されず経路をテキストで表示するだけです。今どきマップが表示されないナビなんてありえません。

経路が箇条書きで表示されるだけ
Googleマップは経路が箇条書きで表示されるだけ

対して標準マップはというと。当たり前のカラーマップでのナビがApple Watchでもきちんと表示されます。

Apple Watchでもフルカラーマップでナビしてくれる
Apple Watchでもフルカラーマップでナビしてくれる

比べると情報量の差が一目瞭然です。

標準マップとGoogleマップの比較
標準マップとGoogleマップの比較

左側がフルカラーマップでナビ表示される標準マップの画面です。

曲がり角で「トントン」と振動で知らせてくれる

標準マップは、ナビの最中、曲がり角や分岐点にくると「トントン」と振動して知らせてくれます!歩きながら画面をずっと見ていなくても情報が伝わる、こういうところがWatchらしい機能です。

ちなみにナビ状態をiPhoneで見ると・・・差はありません

iPhone上では大差なしでどちらも便利
iPhone上では大差なしでどちらも便利

iPhone上で標準マップとGoogleマップを比べてみても、昔ほどは大差はありません。どちらも便利です。

標準マップも、都心ではなく江ノ島くんだりでも、建物、店、交通機関など正確に表示してくれるようになりました。進化したんですね、標準マップ!

まとめ

Apple WatchではGoogleマップよりも標準マップを利用しましょう!機能に格段の差があります!

Apple Watch標準マップの勝ち
Apple Watch標準マップの勝ち

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip

Replies: 0 / Share:

You might also like …

Post Comment

Your email address will not be published.

CAPTCHA