【2018江の島花火大会レポート】雷雨の中やりきった!昨年は中止だったから!続行した英断に拍手!

【2018江の島花火大会レポート】雷雨の中やりきった!昨年は中止だったから!続行した英断に拍手!

2018年江の島花火大会は、途中あいにくの豪雨に見舞われましたが、予定通りフィナーレまで決行しました!

雨でびしょ濡れになり、水浸しになった地下道で足止めになるなど、会場は一時騒然となりましたが。

昨年は台風で中止になったので、今年は豪雨でもやりきりました!英断に拍手!

日中は秋晴れ!開始直後も穏やかな天気だったのに

江の島花火大会の開催日の10月20日(土)は、日中は青空が広がる秋晴れでした。

20日は日中は秋晴れ
20日は日中は秋晴れ
夕方になっても天気は崩れず
夕方になっても天気は崩れず
雲はありますがまずまずの天候
雲はありますがまずまずの天候

予報では曇り時々雨でしたが、夕方になっても雨は降らず、開始時間の18時定刻に無事に花火大会は始まったのでした。

定刻通りに無事に江の島花火大会スタート
定刻通りに無事に江の島花火大会スタート

「もう雨は降らないだろう」と安心して、いつものビールで乾杯し、

ビールで乾杯
ビールで乾杯

ボートンで買った唐揚げパンをのんきに食べながら、

唐揚げパンをむしゃむしゃ
唐揚げパンをむしゃむしゃ
秋の江の島花火大会の序盤は最高でした
秋の江の島花火大会の序盤は最高でした

序盤は何の問題もなく快適に花火を楽しんでいたのですが。

開始10分ほどでまさかの雨!でも小雨だから大丈夫

花火が打ち上がってから10分ほどで、まさかの雨が降り出したのです。

小雨のなか傘をさして観賞
小雨のなか傘をさして観賞

ただ、この段階では多少の風は強いものの、雨は小雨でぱらつく程度。花火は上がり続けています。

帰る人は一人もおらず、傘をさしたり上着を頭に被せたりして、雨のなか花火を見続けたのです。

雷とゲリラ豪雨でびしょぬれに!全員が一斉に退散!

しかし、18時半頃になると、雨足が急に強くなり局所的な大雨に!しだいに雷や強風をともなって、とても野外で花火を観賞できる状態ではなくなりました。

その場に居たほぼ全員が大急ぎで退散することになりました!

ゲリラ豪雨で退散だ!
ゲリラ豪雨で退散だ!
地下通路は大混雑
地下通路は大混雑

砂浜から駅に向かう地下通路はびしょ濡れの人で大混雑。

地下通路の足元は水たまりだらけ
地下通路の足元は水たまりだらけ

よほど雨が強かったのでしょう。地下通路の床は水浸しで大きな水たまりもできていました。

豪雨のなか、それでも花火は上がり続けた!

ようやく地下通路を抜けても、片瀬江ノ島駅近辺は傘をさした見物客で大混雑。

それでも、なんと花火は止まることなく上がり続けました!

豪雨のなか上がり続ける花火
豪雨のなか上がり続ける花火

雨は依然強いままです。私はいったん自宅に避難し、そこから花火を観賞しました。

自宅マンションから花火観賞
自宅マンションから花火観賞

江ノ島駅近辺はまだ大騒ぎのようです。



湘南すばな通りは大混雑
湘南すばな通りは大混雑
雨のなか上がる花火
雨のなか上がる花火
雨のなか難しい形の花火も成功!
雨のなか難しい形の花火も成功!
水上花火も大成功!
水上花火も大成功!

雨は一時小雨に戻りましたが、止むことはなく、ずっと降り続いています。それでも花火は止めません!

雨のなかフィナーレの2尺玉が炸裂!決行した英断に拍手!!

そして、雨のなか迎えた2尺玉のフィナーレ。

感動の2尺玉のフィナーレ
感動の2尺玉のフィナーレ

無事に綺麗な大輪の花が雨空に広がって、全プログラムが終了。と同時に周囲から大きな拍手が飛び交いました。

昨年2017年の秋の江の島花火大会は台風で中止になっていましたから。見物人も主催者もみんな「今年こそは何としてでも!」という思いが強くあったことでしょう。

突然の豪雨で多少の混乱はあったかと思いますが、途中で中止にせず、雨のなか花火をやり続けた主催者の英断に、みんな拍手をしたのだと思います。

よく最後まで上げてくれました!ありがとうございます!

こちらの記事もどうぞご覧ください!