「やきにく本舗」の極厚ネギタン塩の一番おいしい焼き方!

「やきにく本舗」の極厚ネギタン塩の一番おいしい焼き方!
Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip

江ノ島の焼肉屋「やきにく本舗」。当ブログには度々登場している名店です。その一押しメニュー極厚「ネギタン塩」の、美味しい焼き方の秘訣を紹介します。

そもそもなんで焼き方に秘訣が必要?

店員さんは「(ネギがのっていない)片面だけさっと焼いて下さいね」と前置きします。

片面だけ焼くと、ネギを載せている上面は半生で、焼いたカリカリの面と半生の柔らかい食感と肉汁が合わさり、最高に美味しいと。

まずは店員の言う通り片面だけ焼くと、上面が完全に生になってしまい、最高の状態とは違います。肉の中もまだ生々です。

なぜか?肉が超ぶ厚過ぎて、さっとじゃ中まで火が通らないからです!

うーむ。さすが名店はタン塩もワンランク上の厚みです。

おすすめの特別メニューは数あれど
おすすめの特別メニューは数あれど
極厚ネギタン塩4枚
極厚ネギタン塩4枚

ポイントは網の端でじっくり片面焼きだ!

片面さっと焼きでは、中が生過ぎ。とくれば、もう少しじっくり焼いてみると、これもダメ。焼き過ぎで肉がパサついてしまいます。

ベストな焼き加減を求め、何度か焼き方を変えてみました。

結果、焼く位置を端にしてじっくり焼くと、片面はカリっと丁度良く焼け、中はトロッと半生の、ベストなコンディションになりました!

網の出来るだけ端に寄せるのがポイント!
網の出来るだけ端に寄せるのがポイント!
間違っても網の真ん中に肉を置かないように。直火ですぐに焦げてしまいます。

ギリギリまで端に寄せる
ギリギリまで端に寄せる
ギリギリ端まで寄せるぐらいが、極厚肉のベストな焼き位置!

片面に火が通ってきたけどもうちょい我慢
片面に火が通ってきたけどもうちょい我慢

まだ焼きが足りません。これぐらいだと中は生過ぎです。遠赤外線効果で火が通るのを、じっと我慢して待ちます。

ああ、幸せな待ち時間なり。

これぐらいカリッとなるまで片面はよく焼く
これぐらいカリッとなるまで片面はよく焼く

これ!これぐらいの焼き目が食べ頃のサイン!

網の中央でこれぐらい焼くと中は生ですが、網の端でじっくりここまで焼けば完璧です。

遠火の遠赤外線効果で、ぶ厚い肉の中にもほんのり火が通り、肉汁がトロけ出します。

普通のタレと塩ダレとレモンがありますが
普通のタレと塩ダレとレモンがありますが
右側の塩ダレとレモンが正解
右側の塩ダレとレモンが正解

肉汁が溢れるので、レモン多めで食すのがおすすめです。

まとめ

焼き肉本舗の極厚ネギタン塩は、網の端でじっくり焼くこと。焦りは禁物です!

■関連記事
江ノ島で焼き肉なら「焼肉本舗」!肉厚タン塩がウマ過ぎる!


Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip

You might also like …

Post Comment

Your email address will not be published.

CAPTCHA