【torico江ノ島】路地裏の穴場!せせり唐揚げが人気で売り切れ!絶景ポイントの西浦漁港で食べ歩きたい!

【torico江ノ島】路地裏の穴場!せせり唐揚げが人気で売り切れ!絶景ポイントの西浦漁港で食べ歩きたい!

江ノ島で超絶美味しいせせり唐揚げを発見!路地裏にあるtoricoで、売り切れ必至の唐揚げを買えたなら、食べ歩きつつその先の西浦漁港で絶景を拝みましょう!おすすめの穴場コースです!

江ノ島の路地裏に名店あり

夏真っ盛りの江ノ島。橋も参道も人でいっぱい!

真夏の江ノ島へGO
真夏の江ノ島へGO
島へ向かう江ノ島大橋も観光客でいっぱい
島へ向かう江ノ島大橋も観光客でいっぱい

夏に湘南を訪れる観光客は、アクティブな海水浴派と、グルメや寺社巡りを目的とした江ノ島・鎌倉散策派に分かれます。最近は夏でも海水浴より散策を選ぶ人が多いとか。そのせいか、地獄のような混雑具合。

参道はもうぐちゃぐちゃに混んでいます
参道はもうぐちゃぐちゃに混んでいます

こんな時は大混雑の参道を避け、路地裏に入ることをお勧めします。江ノ島の路地裏には美味しいお店がいっぱいだからです。

今回紹介するお店は江ノ島の路地裏にある人気店「torico-enoshima」です。

場所は参道を少し登ったところにある、ハルミ食堂の脇道を入った路地裏。

江ノ島ハルミ食堂
江ノ島ハルミ食堂
この細い脇道に入ります
この細い脇道に入ります

見てください、この大人が1人通るのがやっとのほそーい道。これ、絶対に知らないと通らない道です。でも、実はこの先には絶景富士見スポットとして有名な西浦漁港があるのですが、その説明はまた後ほど。

ほそーい裏通り
ほそーい裏通り

路地裏を進むとちょこんと置かれた黒い「からあげ」の看板。知らないと素通りしちゃいそう。

こんな路地裏に「からあげ」の文字が
こんな路地裏に「からあげ」の文字が

看板を目印に右折してさらに路地裏の細い通り、というか普通の家と家の間の隙間を歩く感じ。住民に迷惑にならないように静かに進みます。

路地裏中の路地裏
路地裏中の路地裏

こちらの古民家の1階が「torico-enoshima」です!

こちらの古民家が唐揚げの名店「torico enoshima」
こちらの古民家が唐揚げの名店「torico enoshima」

空っぽのギャラリーみたい?こじゃれた無機質な店内

toricoの店内は、とても小さくこじんまりとしています。ただし、今風のミニマリズムというか、無駄なものが無い無機質なで空っぽのギャラリーみたいな空間です。

オーダーカウンター
オーダーカウンター
これは売り物かな?
これは売り物かな?
オブジェもちょこっと
オブジェもちょこっと

照明かなり暗い感じで、「唐揚げ屋」の装いでは全くありません!

薄暗い間接照明
薄暗い間接照明
奥にイートインスペース
奥にイートインスペース

奥にあるベンチとテーブルでイートインできます。すでに先客がいてお酒と唐揚げで一杯やっている様子。「せせりウマッ!」という話し声が気になります!

先客が既に一杯やっています
先客が既に一杯やっています
こちらのテーブル席に着席
こちらのテーブル席に着席

席を確保したので、さっそく唐揚げをオーダーです!

超絶旨いと評判のせせりの唐揚げは売り切れ!モモと砂肝に挑戦!

メニューはノーマルな唐揚げと、串に刺してタレをかけた串唐揚げが中心。アルコールもけっこうありますね。

売り切れが結構あります
売り切れが結構あります

と、ここで残念なお知らせが!噂のせせり唐揚げは売り切れ!今日は食べられなくなりました。かなり人気なんですね。

もも唐揚げと砂肝串唐揚げ
もも唐揚げと砂肝串唐揚げ

せせりはまた今度にするとして、今回はこちらのもも唐揚げと砂肝の唐揚げ串を選びました。

冷たいハイボールで落ち着きましょう
冷たいハイボールで落ち着きましょう

唐揚げといえばハイボール。ぜひ一緒にオーダーしましょう!

もも唐揚げちゃん
もも唐揚げちゃん

まずは定番のもも唐揚げをいただきます。

表面はカリッこり
表面はカリッこり

手でつまんでぽいっと噛むと、表面がカリッカリッのこりこり!衣に北海道産のじゃがいも100%のでんぷん、揚げ油は大豆白絞油を使っているからだとか。かなりこだわっています!

中はじゅわじゅわーの肉汁たっぷり
中はじゅわじゅわーの肉汁たっぷり

そして、中はじゅわじゅわ!肉汁が噴き出てきます!鳥は宮崎県産を中心とした国内産若鶏を使用し、味付けはにんにく醤油をベースに10種類以上のスパイスや果物を合わせた秘伝のタレだとか。

すなぎもの串唐揚げ
すなぎもの串唐揚げ

続いて砂肝の唐揚げ。こちらは串になっており、甘辛のタレが絡めてあります。

甘辛いタレが絡めてある
甘辛いタレが絡めてある

コリコリコリコリとした歯ごたえに、噛むとしっかり出てくる肉の味、そして衣にしっかり絡んだ甘辛タレがまたぴったり!濃い目の味付けなのでハイボールおかわりしましょうか!

食べ損ねたせせり唐揚げを食べにリベンジ!

もも唐と砂肝串があまりにも美味しすぎたので、食べ損ねたせせり(鶏の首の部分の剥き身で希少部位)への想いが一層強まりました。どうしても食べたい!ということで別の日にせせりを食べにリベンジ!

今度は空いている平日に訪れたら難なく買えました。

これがtoricoの絶品せせり唐揚げ
これがtoricoの絶品せせり唐揚げ
細長いせせりが突き刺さっています
細長いせせりが突き刺さっています

細長い棒状の肉がボックスに突き刺さるように入っています。ももや砂肝とは形状があきらかに違いますよね。

細長いスティック状のせせり
細長いスティック状のせせり

このせせり、食べてびっくりするぐらい際立った特徴がありました。

肉質がもっちもっちのジューシー
肉質がもっちもっちのジューシー

肉質がプルプルでもっちもっちしているんです!弾力が強く噛めば噛むほど肉汁と旨味がにじみ出てきます。噛むほどに、です。

そして表面はいっそうクリスピー
そして表面はいっそうクリスピー

そして、スティック状の剥き身には衣が絡まりやすいのか毛羽立った箇所が多く、そこがカリッとクリスピーで香ばしい揚げ具合になっているんです!それでいて中の身がもっちりなので凄く対照的な食感が炭素忌めます。せせりのポテンシャルに驚愕です!

もも、砂肝、せせりを食べ比べましたが、せせりがダントツで一番美味しかったです!売り切れでも再チャレンジする価値がある味でした。

せせり唐揚げを持って西浦漁港へ!絶景の富士見ポイントです

さて、せせりのスティック状の形とボックスを見て思ったこと、「フライドポテトみたい」。それなら食べ歩きにも向いているはず。ということで、さっきの細い道をさらに奥に行った西浦漁港へ。

西浦漁港は写真好きの人には有名な富士見・夕陽スポット。先客が既にいて海を眺めています。

大勢の人が見つめる先は
大勢の人が見つめる先は

見つめる先にあるのは、絶景の海と富士。そして沈む夕陽の綺麗なこと。

西浦漁港と富士と夕陽
西浦漁港と富士と夕陽

絶景を見ながら食べるせせり。最高すぎです。

富士を見ながら食べるせせり
富士を見ながら食べるせせり
せせりの身も美しい
せせりの身も美しい

食べやすい形状なので食べ歩きにもぴったり。景色と一緒にぜひ味わってみてください。(※ごみは必ず持ち帰りましょう!)

まとめ

江ノ島の路地裏で見つけた唐揚げの名店torico。せせりの唐揚げは絶対に食べて欲しい逸品です!江ノ島路地裏グルメはこれからも追及して行きたいと思います。

江ノ島の路地裏グルメはこちらでも紹介していますので、興味があればご覧ください。

You might also like …

Post Comment

Your email address will not be published.

CAPTCHA